[Column]アメリカ合衆国大統領はどれほど健康であるべき? How Healthy Should POUS Be?

screen-shot-2016-10-03-at-2-37-24-pm

日刊ゲンダイのコラム「ニューヨークからお届けします」のキャッチアップ
リンクをクリックしてお読みください。

アメリカ合衆国大統領はどれほど健康であるべき?(9/29/2016)

記事もう一つ

応急治療薬が5倍以上 米国で薬の大幅値上げに反発広がる(9/22/2016)

続きを読む

広告

[Blog]アメリカはどちらを選ぶ?未来に賭けるヒラリー対50年代をちらつかせるトランプ・・・移民の視点で見る大統領選

CNN.comの二人の写真ベスト・ショットかも?

CNN.comの二人の写真ベスト・ショットかも?

世の中というのは底辺から見る方がよくわかる、ありがたいことに私は有色人種で移民でハーレムという黒人居住区で黒人の家族と暮らしているので、今回の大統領選の構図がそうでない人よりも少しだけよく見えています。長いですが興味がある方は是非お読みください。

今回の大統領選は、アメリカが21世紀の未来を選ぶか、1950年の価値観に戻るのかの、まさに究極の選択だと思っています。

続きを読む

[RADIO] JFNレポートrecap サンダースの奇跡はなぜNYでは起こらなかった?

Screen Shot 2016-04-20 at 11.54.21 PM
JFNの午後ワイドDAY BY DAYの電話レポート今週は、ニューヨークの今週の最大の話題、昨日行われた大統領選の予備選挙を振り返りました。

それにしても、大統領ではなく候補者を選ぶだけの予備選がこんなに盛り上がるのは25年住んでいて初めてかも!?

両党のフロントランナー4人のうち3人 がニューヨークゆかりということもありますが、他にも理由があるんです。

ということで <今日のキーワード:大統領選・究極の選択>
メディアの論調を見ながらニューヨーカー目線でお伝えしたいと思います。

まず予備選の結果:共和党トランプ圧勝、民主党ヒラリー大賞、サンダースの連勝を止めました。

トランプの圧勝にはニューヨーカーも驚いた。
これだけ批判されているのに・・・メキシコ国境に高い壁を作って移民を食い止めろとか・・・バカにもされています、先日は911ナインイレブンと言おうとしてセブンイレブンといってしまったり!!!!

なのになぜ勝ち続ける?

その理由を誤解を恐れずに言うと→今回の選挙は究極の選択だから

・・・こんな世論調査が発表されました。 候補者の支持率ではなく「不支持率調査」

共和党のトランプ支持しない 68%
2番手のクルーズ支持しない 61%

つまり有権者はどちらも嫌!

特にニューヨークでトランプがクルズに大勝したのは、クルズがあまりにも保守、極端に右よりすぎるからと言われています。

そんなわけで今回の選挙は消去法の選挙、まさに究極の選択!!

一方民主党はちょっと違う

ヒラリー支持しない 58%
サンダース支持しない48%

だったらなぜヒラリーが勝つの? なぜサンダースの奇跡はニューヨークでは起こらなかった?

・・・サンダース候補は特に若者に人気というのは聞いたことがあるでしょう?
ニューヨークでは 18−29歳の実に7割がサンダースに一票を投じました。

貧富の差解消というスローガンや、権力とつるまないクリーンなイメージが強く支持されているんです。(サンダースについて東洋経済オンラインの「ミレニアルズ」 月刊「美楽」で詳しく書いています)

なのにサンダースが負けた理由は若者の投票が足りなかった・・・いやむしろしたくてもできなかった若者が多いからでは?とも見られているんです。

その理由は、州によって違うややこしい選挙法です。

アメリカは日本のように選挙権のある年になっても通知はこない
自己申告で投票権を得る。その時に支持政党を選んで登録します。
政党を選ばなくてもいいんです。INDEPENDENT でもいい。
まずこの締め切りが先月でした。

そしてニューヨークでは、州によって違いますが、ニューヨーク州の「予備選」では、
民主党に登録した人は民主党候補に、共和党に登録した人は共和党候補にしか投票できない。党をまたいじゃダメ。

じゃあ政党を選ばなかった人は・・・どちらの候補者にも投票できない。

ところが実は、今やアメリカには民主でも共和党でもないINDEPENDENTの有権者が4割もいます。つまりかなりの数の人は、トランプにもヒラリーにもサンダースにも投票できなかったことになります。そして実は、INDEPENDENTからの変更も含め、支持政党を変更する手続きは、去年の10月に締め切られていた!

これを知らない人がすごく多かったんです。

そして、もうお分かりと思いますが、サンダース支持の若者の多くは「インディペンデント」!!中には党籍関係なく投票できる州もある、そういう州でサンダースは勝ち続けてきたんです。

もちろん本選ではこんなことはないですよ。でも予備選で勝たないと候補になれないですからね!

ではまだまだ続く予備選は今後どうなる?
やはりトランプ、そして若者がキーになると思います。

嫌われトランプが同じくらい嫌われクルズのおかげで消去法で共和党候補になるのか?
サンダース支持の若者がどこまで投票所に押し寄せて、嫌われヒラリーを負かすか?

まさに究極の選択?

ちなみに今大統領をやった場合 、民主党候補がヒラリーなら、ヒラリーに勝てないのは、共和党のフロントランナートランプとクルズの二人だけ・・・だそうです。